猫が布団でおしっこ!洗濯できない時の消臭方法

猫関連

猫を飼っている人にとって最大の強敵なのがトイレ事情ではないでしょうか。

猫はおしっこの臭いが強い生き物です。

トイレで上手に排泄できる子はしっかり砂をかけ臭いもある程度は軽減されますが、

トイレ以外で粗相したときは一瞬で強いアンモニア臭で部屋が充満します。

 

そしてさらに少し時間が経ってしまった時はとにかく臭い!

 

床や壁、クッションなどは拭き取ったり洗濯すればよいですが、ソファや布団など洗濯できない所に粗相してしまっときは最悪です。

今回は特に布団におしっこされてしまった時の対処法について紹介します。

 

猫のおしっここはどうして臭いの?

人間はもちろん、犬もその他の動物もおしっこには臭いがあるものです。

ですが猫のおしっこの臭いほど強烈ではありません。

猫はもともと砂漠で生きていた動物のため、水が貴重な環境で生き抜けるよう排泄の回数を抑えていました。

そのため濃度が高く臭いの強いおしっこをする習性があります。

 

さらに未去勢のオスは特に臭いが強いと言われています。

これはいわゆるフェロモンの役割を果たすフェリニンという物質の分泌が活発になるためです。

「強烈な臭い」=自分のアピールだったわけです。

 

布団におしっこされてしまった時の対処法

応急処置

おしっこをされてしまったらまずは水分をふき取る事が重要です。

ですが、ふき取りは表面にしか行うことができずしみ込んでしまった中綿には作用しません。

そのままにしてしまうとシミになったり臭いがきつくなってしまうので中綿もなんとかしたい。

また、臭いが取れたように感じても嗅覚の優れた猫は中綿に残った少し臭いでも簡単に嗅ぎ付けます。

同じ場所で繰り返し粗相をされてしまうという事態にも繋がりますのでふき取りだけではNGです。

まずは家にあるもので緊急措置をとる場合は以下の方法を試してみて下さい。

・熱湯をかける

熱湯にはアンモニアを分解する働きがあります。汚れた部分に熱湯をかけ、少し冷めてからタオルや布でふき取って下さい。

一度で臭いが取れなければ数回繰り返して下さい。

ある程度はこれで臭いが改善されます。

※熱湯対処は羽毛布団にはしないで下さい!

熱湯はおしっこに含まれるアンモニアの分解の他に「ケラチン」というタンパク質も分解します。羽毛の主成分もケラチンであるため、羽毛布団が傷んでしまいます。

・漂白剤

台所用漂白剤や塩素系漂白剤はアンモニアの中和に効果があります。

漂白剤を水で薄め、スポンジなどで汚れた個所にポンポンと叩いたあと濯いで下さい。

・酸性の液体

アンモニアはアルカリ性のため酸性の液体で中和させる方法です。

洗濯や掃除などで活躍するクエン酸がお家にあれば万々歳です。

クエン酸水をスプレーするかスポンジで叩き洗いをしたあと乾いた布でふき取って下さい。

※塩素系漂白剤と混ぜて使ってはいけません!

クエン酸と塩素系漂白剤を混ぜると有毒ガスが発生います。必ずどちから片方の使用にして下さい。

丸洗い

応急処置が終わったら最終的には丸洗いまで行う事をオススメします。

応急処置だけでは完全に汚れや臭いが落ちたとは言い切れません。

布団の大きさや種類によりますが、自宅で丸洗いができる場合はお風呂に洗剤や重曹を入れた洗浄液を作りその中で布団を足で踏みながら丸洗いして下さい。

すすぎまで何度か水を入れ替えますので水の量は5cmほどで大丈夫です。

終わったらお風呂の水を入れ替えて次は柔軟剤を入れ同じように踏み洗いを続けます。

最後にすすぎまで、何度か水の入れ替えをしながら繰り返して下さい。

乾燥は洗濯機には入らない場合にはコインランドリーなどで乾かしましょう。

中途半端な乾燥ではカビや菌が繁殖して不衛生な状態となりますので天気が良い日にしっかりと天日干ししましょう。

 

分厚い布団での粗相は飼い主にとってかなりメンタル面でのダメージとなります。

がそのまま放置したり、除菌スプレーでその場しのぎは人間にとっても猫にとってもよくありません。

自宅での処置が面倒なら迷わずクリーニングに出すなどして早いうちに対処する事が重要です。

 

粗相を繰り返してしまうようであれば、トイレの数を増やしたり布団にビニール製や撥水加工の敷物を敷いたりと粗相の予防をしましょう。

 

猫は今日も世界を救う

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました