もっと仲良くなれる!行動から読み取る猫の気持ち

猫関連

どうも、管理人のなごみです。

『猫』

それは気高くクールでプライドと自信に満ちていて決して飼い主には懐かない生き物だ。

と、私は思っていました。

 

犬との圧倒的な違いはここであり猫を愛せない理由の一つでした。

そうやって30年間程生きてきました。

とんだ間違いだったようです。

 

ひょんな事から猫と生活する機会に恵まれ、恐る恐る迎え入れると

なんということでしょう。

単純な私は一瞬で猫の魅力に取り憑かれてしまったのです。

「犬と違って愛せない」のではなく、「犬とは違った愛しさ」がそこにありました。

今では猫3匹(一時預かりボランティアをしているので頭数は変動します)と暮らしています。

猫なしでは生きられません。

 

『猫』

それは気高くプライドと自信に満ちていながら愛情溢れる生き物だ。

と、私は思います。

 

今日はそんな愛しい猫ともっともっと仲良く心を通じ合える存在となれるように

猫の気持ちについて学びましょう。

こんな行動、こんな表情の時、猫はどう感じているのか。

猫がされて好きな事、嫌いな事についてご紹介します。

 

しっぽ

猫の気持ちを知るのに1番重要なのがしっぽです。

しっぽの向きや振り方には様々なサインが込められています、

 

・真っ直ぐ垂直にピーンと立てる

嬉しい、機嫌が良い、安心している、甘えたい

とても友好的なサインです。

・垂直に立て小刻みに振るわせる

嬉しい、興奮、甘えたい

構って欲しいサインです。

・大きくゆっくりヒラヒラ振る

興味、リラックス、無意識

まったりしている時の動きです。

・大きくバシバシと床に叩きつける

イライラ、不機嫌

構わないでのサインです。

・毛を逆立てて膨らませる

威嚇、驚き、恐怖

臨戦態勢の時のサインです。

・山型にヒクヒク

警戒、これ以上近づかないで

臨戦態勢の手前のサインです。

・しっぽの先をピクピク(一点を見ながら)

集中

獲物を観察している時に見られます。

・しっぽの先をピクピク(寝ている時)

空返事、起きるのが面倒

呼びかけに対して返事をしてくれています。

・座って前足に巻きつける

リラックス、安心

ストレスの無い状態です。

・抱っこするとパタパタ振る

抱っこ嫌、降ろして

しつこく抱っこすると怒られます。

 

鳴き声

色々な鳴き方にも意思表示や気持ちが込められています。

・ゴロゴロ

安心、満足、嬉しい

鳴き声ではなく喉の奥の軟口蓋という部分が動いて出る音です。

・ニャッ

挨拶、返事

名前を呼ばれた時に反射的に出る鳴き声です。

・ニャー、ニャーーーーン

訴え、要求

ご飯が欲しい時などのアピールです。

・サイレントニャー

甘えている、信頼

口だけ動いて声は出さない仕草を言います。

人間には聞き取れない周波数で鳴いています。

・ケケケケ、カカカカ、ニャニャニャ

集中、興奮

獲物に集中している時や狙っている時に出す声です。

・ワォーン、ナォーン

発情

発情期には今までに聞いたことの無いような大きな声で泣き叫ぶ場合があります。

 

 

行動

・香箱座り

前足を折りたたんで座る仕草

リラックスしている現れです。

・スリスリ&頭突き

勢いよく頭からぶつかってきたり頭や体を擦り付ける

大好き!この人は私のもの!という意思表示です。

・飼い主の邪魔をする

スマホの前に割り込んだり読んでいる雑誌や新聞の上に座るなど

遊ぼうと誘ったり構って欲しい時のサインです。

・舌の出しっぱなし

リラックス、安心、警戒心の無さ

緊張が緩んでしまい忘れてしまうのでしょう。

・ふみふみ

甘えたい、幸せ

母猫から母乳をもらっていた時を思い出しています。

・ゆっくり瞬き

大好き、返事、敵意は無いよ

愛情表現のひとつです。

愛猫が自分にパチパチと瞬きをしてくれたら、同じようにパチパチと瞬きを返してあげましょう。

 

このように、猫の行動や仕草、鳴き声から猫の気持ちを読み取る事ができます。

嬉しい時、イライラしている時、リラックスしている時の行動をよく理解し、

今までよりももっと仲良くなれたら絆はどんどん深まっていくでしょう。

 

 

犬猫は今日も世界を救うのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました