愛犬の爪切りを成功させるコツ

犬関連

大切な愛犬の健康管理に欠かせない爪切り。

放っておくとどんどん伸びてしまい怪我の原因となります。

特に室内で生活をするわんちゃんは自然に爪が削れる事がないため、定期的なケアが必要です。

かと言って慣れていない飼い主が爪切りを行うのはとても心配で不安ですし、

愛犬にとっても嫌がったり暴れたりと大きなストレスとなってしまい、爪切りが嫌いになってしまうケースもあります。

 

今日はそんな飼い主やわんちゃんにとってお互いにストレスが無く、安全にできる爪切りのコツをご紹介します。

 

爪切りは必要?

人間と同じように、犬の爪も当然伸びます。

放置して伸びすぎてしまうと、このような危険があります。

・爪が折れる、割れる

・伸びた爪が引っ掛かり怪我をする

・歩き方に異常が生じ、骨格が変形する

・巻き爪になり肉球を傷つける

室内で生活する子でも頻繁に散歩に出かけたり、長い距離を歩く場合には

アスファルトなどで自然に削れて適度な長さに保たれる事もあります。

犬の爪の構造

犬の爪には神経と血管が通っています。

そしてその神経や血管は爪と同じように少しずつ伸びていきます。

爪切りをせずに放置すると爪が伸びるだけでなくその中の神経や血管までどんどん伸びてしまうのです。

爪切りの際は、神経や血管を切らないようその先の爪の部分だけを切り落とさなくてはなりません。

神経や血管を誤って切ってしまうと痛みを与え出血させてしまうので注意が必要です。

道具と使い方

 出典Amazon

様々な種類の爪切りが販売されていますが、オススメは写真のようなギロチンタイプです。

ハサミタイプよりも安定感があり、切る場所を見極めやすい構造になっています。

先端の丸い穴に爪を挿入しカットをします。

爪切りを持つ反対側の腕でしっかりと愛犬を抱えて保定し、爪を押し出すようにすると良く見えます。

成功のコツ

・しっかりと保定する

愛犬が不安になり暴れないよう優しく声かけをしながら抱え込んであげましょう。

・後ろ足から

なるべく恐怖感をあたえないよう顔から遠い後ろ足から始めてあげましょう。

・あせらず1本から

最初から全ての爪を切ろうとはせず、愛犬の様子をよく観察しながらまずは1本だけでも構いません。

嫌がるのを無理に続けてしまうと爪切りが嫌いになってしまいます。

・よく褒めてあげる

たとえ1本だけだったとしても終わったらしっかり褒めてあげましょう。

「爪切りを頑張ったら良いことがある」と認識してもらい苦手意識を持たないようにします。

こんな時はどうしたらよい?

・黒い爪の場合

白い爪の子は血管が透けて見えますが、犬種によっては黒い爪の子がいます。

そんな時はとにかく少しずつ何回かに分けてカットしましょう。

断面をよく確認し、パサパサと乾燥している間はカットして問題ありませんが、

ツヤツヤと湿気を帯びて爪の真ん中に灰色の膜が出てきたら血管のサインなのでストップです。

・出血した場合

 出典Amazon

出血しても焦らなくて大丈夫です。

切り口をコットンで押さえれば止血できます。

予めペット用の止血剤を用意しておくのもよいでしょう。動物病院やネットショップなどで購入できます。

 

どうしても不安な場合は無理をせずサロンや動物病院でプロにお願いしましょう。

爪切りだけなら1000円ほどでやってもらえます。

ちなみに管理人は爪切りは苦手なので病院にお願いしています。

不思議なもので飼い主だと甘えて暴れてしまいますが、プロにお願いすると途端におとなしくなります。

 

まずは焦らず、愛犬に合った方法を見つけてみて下さい。

 

犬猫は今日も世界を救う

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました